スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月27日 GWは

奥さんの実家が長野の山奥で旅館をやっています。
今年は、GWに帰ることにしました。

福島から来られたご家族に声をかけたら、行きたいとのこと。
行きは別便で来られますが、なにしろ松本から1時間は山に入るので、迎えに行く予定です。

すぐ近くにスキー場がありますが、今はあまりにぎわっていないようです。
何にもない山の中ですが、それがいいんですね。

蕎麦がうまい、これは絶品です。

上高地が近いので、そこへ案内してあげられればいいなと思っています。
おいしい山の空気を吸って、のんびりしてもらって、それから今後のことなど考えてもいいのではないかと。

帰りはいつものごとく渋滞でしょうけど、それは覚悟の上。

5月は被災地へボランティアに行く予定汲みます。これは月内にはお知らせします。

スポンサーサイト

4月20日 被災地の現実

あまりにも広範囲、状況の違いからか、被災地の現実がなかなかつかめない


やはり現地に行くしかないなと思っています。
5月になってしまいますが、それこそ単発ではなく、何度も行くことを前提として検討していますので、メンバーの皆さんにも声をかけさせてもらいます。

どうしても仕事の都合で、土日かけてとなると思います。

福島から避難されてきたご家族から聞いた話だけでも、全然報道に出ていないことがぼろぼろ聞けました。

GWは、このご家族のために時間を使いたいと思っています。

4月19日 原発問題

ツイッターで知りました。

原発がどんなものか知ってほしい

これ読むと、う~ん、事の深刻さをさらに感じます。

この夏場も、火力と水力、それから関西との変電、これで何とかしようって決断できないですかね?

余震ではない地震も起きている状況なので、津波がくるとかこないとかではなく、もっと突っ込んだ議論をする場をつくって欲しいです。

国が、20もの会議を立ち上げている割には、動きが見えてきません。

マネジメントがうまくいっていないなぁと、端から見てもそう思います。

4月16日 被災地の現場

なかなか伝わらない被災地の現実を、ブログで伝えてくださる方々がいます。
下記のブログもその一つです。

ジャーナリスト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」

怒りとむなしさがこみ上げてきます。

明日、福島原発避難区域から避難してきた、メンバーのご家族と会うことになっています。

住み慣れた家を、地域を離れ、宛てもない生活をしなければならない今の状況。
自営業をされていたお父さんはだいぶショックを受けておられるそうです。

何か慰めだけでなく、明日への希望を見つけてもらえるように、出来る限りサポートしていきたいと思っています。

がんばろう日本!


4月13日 美浜区のボランティア募集は締め切ったようです

あっという間に募集は締め切られたようです。

私は、12日が仕事が立て込んでいた為、夜になってから思い出してサイトにアクセスしてみました。

ら、もう募集は終わったということで・・・残念です

またチャンスがあれば、今度こそ!


4月11日 また大きな地震

4月11日、まさかこないだろうと思っていましたが、大きな余震がきてしまいました。

しかも、茨城では亡くなった方もいらっしゃるとのこと・・・

こんな状態が続くと、落ち着いていられません。

早くおさまって欲しいものです。

で、今日、千葉市のホームページを見ていましたら、美浜区でボランティア募集とありました。

以下、コピペです。

災害地名等 土砂片付けボランティア緊急募集!

状況  「東日本大震災」により、美浜区磯辺地域において、液状化現象により土砂が噴出し、未だ土砂の片付けが終わっていない家屋があります。
 4月23日(土)・24日(日)の両日、土砂の片付け作業を行ないますので、ご協力いただけるボランティアの方を募集します。

1.活動日時  平成23年4月23日(土)・24日(日)
両日とも午前10時00分~午後3時でご都合の良い時間

2.集合場所  千葉市立磯辺第一中学校
(千葉市美浜区磯辺7-1-1)
※駐車場がありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

3.集合時間  両日とも午前9時30分

4.持ち物等  長靴、動きやすい服装
  ※スコップ、ほうき等、土砂をかき出す道具をお持ちいただけると幸いです。

問い合わせは
千葉市災害ボランティア情報支援センター
  中央区千葉寺町1208-2 ハーモニープラザB棟3F
  電話209-8850  FAX209-8853

市内それぞれの区にも窓口がありますが、たくさんなので・・・

情報はここにあります。

千葉市ボランティアセンター

チバスターでもメンバーに声をかけて、参加しようと思います。

市内の方で、我こそはと思う方、ぜひ!!

4月8日 これからの支援

昨日の大きな地震は、また被災地へ被害をもたらしました。

何だかこれ以上は・・・と思います。

被災地への支援は、まだまだこれからです。

ただ、自治体のホームページを見ながら思うことがあります。

それは、県と市区町村で差がある、ということです。
支援物資やボランティアの募集に関して、ある県ではいらないと載っていますが、その県内の市のホームページには募集している、とあります。

行政も混乱しているのか、情報の収拾がうまくいってないようです。

現場に近いところがより正確な、生の情報を持っていると思いますので、やはり市区町村レベルのものが合っているのかなと思います。

まだまだ避難所で生活しなければならない人もたくさんいますし、義援金ももっとたくさん必要です。

改めて被害の大きさを痛感します。

毎日、被災地への祈りを積みながら、自分にできることを探し、これからの支援をやり続けていきたいと思っています。

4月4日 風評被害

メディアでも多く取り上げられていますが、風評被害について、思うところを書いてみます。

主に福島県産の野菜、肉類などが風評被害に遭っています。

現地の農家の方の声も、メディアを通して伝えられています。

東京まで野菜を運んで、安全宣言をしながら売っている光景もみました。

が、ふと思うのです。

これは安全です、安くしますから野菜を買ってください、というのは一時的には良いとしても、根本的な解決にはならないのではないかと・・・

一番大事なことは、通常の物流と価格を回復することです。

要するに、汚染に対する基準は決まっているので、早急に該当する地域の汚染度の調査(全ての野菜類、肉類等の)をして、基準に対してどうなのかを明確にすることです。

そうして、出荷できる物はきちんと出荷する(今まで通り)、それでうまくいかない場合は、それこそ国の責任において、きちんと監督指導する。

ダメなものはダメですから、その産物、農家に対しては、補償の内容と実施日時をはっきり打ち出して実行する。

これが一番良いと思うのですが・・・

それをしないから、風評被害が収まらないのではないかと・・・

今福島の農家の方々や、農協の皆さんが努力されていることは当然のことであり、どうにかして道を切り開こうとする必死の努力です。

だからこそ、そうして何とかしのいでいるうちに、その後の解決の道をしっかりと見いだしておく、これができないと、じり貧です。

こういう時こそ、ダメな時の責任をとる覚悟を持った人がリーダーであるべきです。そういう人でないと、下についている人も信頼をおけませんし、付いていけません。

現政権や、指導的立場にいる人が、本来の意味でのリーダーシップを発揮していただくよう、切に願っています。

がんばろう日本!


プロフィール

チバスター

Author:チバスター
掃除だけやっているわけではありません!
こちらもぜひ 公式サイト

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
お得情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。